ひろゆき氏が児童養護施設に無償配布するPCのスペックは、メモリ16GB・グラボ搭載!

GIGAスクール構想によって、子供一人に一台のパソコンがこの3月をめどの導入されましたが、ひどいスペックのパソコンが私たちの税金によって、導入されていたようです。

100歩譲って、授業で使うだけだから、それで十分なのかもしれませんが…

そんな中、こんな記事が舞い込んできましたので引用転載するとともに、気になることを書き加え、ご紹介いたします。

ITmedia NEWSの記事

「ゲームきっかけにPCに触れて」 ひろゆき氏、児童養護施設に無償配布するPCのスペック公開 いずれもメモリ16GB・グラボ搭載

 匿名掲示板「2ちゃんねる」の開設者として知られる西村博之(ひろゆき)さんは5月24日、児童養護施設に無償配布するPCの詳細を公開した。「ゲームをきっかけにPCに触り出すことで、PCスキルを身につけてほしい」(ひろゆきさん)として、「Minecraft」や「Apex Legends」などのPCゲームが「きちんと動くスペックで考えた」(同)という。後日申し込み用のフォームを公開するとしている。

 ひろゆきさんは5月16日に児童養護施設にPCを無料配布するプロジェクトを立ち上げた。開始の背景については「PCを自由に使えない環境で生活している子供の中にも、類を見ない才能を持つ子がいるかもしれない。才能を眠らせたままにしておくのは社会の損」(同)と説明している。

 配布予定のPCは4種類。ドスパラ(35台、計496万6500円)、TSUKUMO(32台、492万9760円)、マウスコンピューター(30台、494万3400円)、パソコン工房(31台、489万6078円)で調達した。いずれもメモリは16GBで、グラフィックスカードに米NVIDIAの「GeForce GTX 1660 SUPER 6GB」を搭載。モニターやWebカメラなどの周辺機器もセットにする。

ITmedia NEWS

 ひろゆきさんは応募を見込む施設について「『子供がゲームをやるためにPCを設置するなんてけしからん!』と考える児童養護施設の方も尊重する。子供の自主的な学びをサポートできる施設に申し込んでほしい」としている。

 子供の学習用PCを巡っては、文部科学省が“小中学生1人にPC1台”などを目標に掲げる取り組み「GIGAスクール構想」を進めている。文科省によれば、すでに対象となる全国の1812自治体のうち約96.5%が端末の調達を完了しているという。

 この取り組みを受け、ASUS JAPANなどのPCメーカーがノートPCの増産を決めたり、アイリスオーヤマが初のノートPCを発売したりと、需要を見込んだ動きが進んだ。一方、こういった経緯で発売されるPCに対し、Twitterでは「スペックが低いのではないか」「性能と価格が見合っていない」などの声が出ていた。

ITmedia NEWS

パソコンスペックの違い

パソコンメーカー、文部科学省、学校、自治体、どこがこういうスペックで良いと判断したのかが分かりませんので、批判はさておき。

ひろゆきさんの考えとの違いは、スペックの違いに表れています。

ひろゆき(西村博之)さんは、ご存じですよね!2チャンネル創設者で、最近はコメンテーターとしてテレビでもよく見ます。ご存じでない方はWikipediaをご覧ください。

メモリが「16GB」は、ほとんどの通常販売されているPCのスペックが「8GB」に対して、高スペック仕様としてラインナップされるときに使われるメモリ数で、画像動画編集をしっかり行うことができます。

グラフィックスが「GeForce GTX 1660 SUPER 6GB」は、Geekbenchグラフィックスbenchmarksによればその値は【60630】ADOBEイラストレーター(フォトショップも)自在に使える推奨スペック以上です。

どちらも、画像動画編集を行うクリエーターパソコンの基準での話ですが、ゲームを行うにしてもそのグラフィックの表示がカクカクしてはならないため、クリエーターパソコンと同程度かそれ以上のスペックが求められます。

MAPで見るとよくわかります。ゲーミングPCのG-tuneは、もう少し低めの「GeForce GTX 1650」からになっています。※クリックで拡大表示

MAP429

なお、マウスコンピューターのノートPCのこのクラスのスペックは、こちらのページ P1 をご覧ください。

ひろゆきさんは、PC配布企画の中で以下のようにも言っています。

ペンギン村

ゲームをきっかけにすることで、パソコンを触れる環境を用意して、誤解でも良いので、「パソコンが得意」と子供達が思い込める環境を作るほうがいいのではないかと思っています。

ゲームを切り口にパソコンに触りだすことで、ゲームをインストールしたり、ゲームを改造するためにプログラムを覚えたりと自主的に触りだすことに繋がることに期待しています。

また、ゲームのプロが世界中に増えていて、ゲームシステムを業務に組み込むことで、効率を追求するゲーミフィケーションという学問も発達する時代になっています

ひろゆきさんのPC配布企画

つまり、メモリ16GB、グラフィックス「GeForce GTX 1660 SUPER 6GB」、PCゲームが「きちんと動くスペック」、マウスコンピューターで1台164,780円程度のパソコンが、誤解だったとしても「パソコンが得意」と思うことができて、創造性を育んでくれます。

これは、子供だけに言えることでなく、私たち大人にもまったく同じことが言えます。

まとめ

このサイトで、紹介しているスペックのパソコンが、コアi5以上であることが全く同じ考えなのです。

MAP

CPUとグラフィックスの能力値から他の製品との比較の最新MAPは、こちらのページをご覧ください。⇒MAP

動きの悪いパソコンが、どんなに私たちのやる気をなくさせるか!動きの速いパソコンが、どれだけ、生産性を上げさせてくれるか!こちらのページも参考にしてください。➡愛着あるパソコンの選び方!「突然ですが、あなたのパソコンはかわいいですか?」

それは、単純に速さに比例するものではなくて、2乗3乗にもなると思います。

そして、さらに回線のNURO光も同じです。

それで、今回はこの記事をぜひともご紹介したくなった分けでした。

パソコンは、少し無理しても、1つ2つ上のクラスを購入しましょう!きっとそのほうが結果的には安くなると思います。そしてさらに、5年6年と使えると思います。スペックが低いと3年しか使えないかもしれません。

以下も、ひろゆきさんのPC配布企画に出ています。ご参考にしてください。

よくある質問

Q:タブレットでも良いのでは?

A:ゲームを改造するためにツールをインストールしたりというのはパソコンでしか出来ません。ツールのインストールから始まって、設定ファイルをいじったりして、プログラムに手をだすという筋道に期待しています。

Q:Macでもいいんじゃない?

サッカーを極めるとサッカー選手という職業になれるように、ある種のゲームを極めるとプロゲーマーとして生活出来るようになります。
そういったゲームはMacには対応してないことが多いので、プロゲーマーになる道筋が残るほうが良いと考えました。
また、日本の一般的な職場環境ではWindowsの普及率が高いので、一般的な仕事に使う場合でも、Windowsに慣れているほうが良いと考えています。

Q:オンライン授業用のマイクはありますか?

A:webカメラにマイクが内蔵されていますので、オンライン授業でも問題ないスペックになっています。

ひろゆきさんのPC配布企画