【2024】安いゲーミングPC見つけるMAP デスクTOP版 BTOマウスコンピューターの選び方

ⓘ景品表示法に基づく表記:当サイトは広告を使用しています。

※マウスコンピューターは、パーツの在庫状況によって構成が変わると価格が変わります。

パソコンみたいな物は、どれを買おうか選んでいる時が一番楽しいですね!

クリエイティブにも使えるゲーミングPCはそれだけでお得感があります。下のあるMAPの中のApple MACの機種と比べてみてください。同じかそれ以上の性能で安いでしょう!

しかし、メーカーのゲーム向けオススメ機種やおすすめ機種紹介サイトなどのページに出ている推奨PCになると急に高くなってびっくりもします。

メーカーのオススメ機種が高いのは、ゲームの他に一緒に立ち上げるアプリなどの状況もあると考えているのと、オススメなのにカクカクしてしまってはいけないとたくさんの余裕を取っているからです。

逆に、ゲーム推奨スペックは動けば出来るのですから、少しくらいカクツこうが「出来る」と言ってしまい、なるべく制限をせずにプレイヤーのすそ野を拡げよう・人口を増やそうとします。なので、ゲーム推奨スペックギリギリの機種で費用を抑えて購入しても、推奨なのにカクカクしたりでガッカリすることが多いのです。

MAP内にも表示されてますが、例えばファイナルファンタジーFFの推奨は、マウスコンピューターの推奨機種で、CPU16000、GPU160000の●G-Tune DG-I7G70:259,800円~ですが、ゲーム公式推奨は、CPU5000以下、GPU35000ほど、最安の●NEXTGEAR JG-A5G1D:99,800円~でも可能ですが、⑤⑥あたりのもう少し余裕がある149,800円~程度の機種(NEXTGEAR JG-A7G60がオススメです。

このページにあるMAPをご覧になれば、mouseコンピューターのたくさんの機種から丁度良い性能の中でも安くてお得な機種だったり、こだわりのCPU・GPUが搭載されている機種を選ぶことが出来ます。

BTOパソコン mouseコンピューター 機種の選び方

mouseコンピューターはBTOパソコンといって、「Build To Order」の頭文字をとった略称で、受注生産を意味します。

CPUにGPUにメモリなど、好きなように組み合わせ、カスタマイズすることが出来ます。CPUとGPUの組み合わせによって、こんなに価格差があるのだと分かります。

いくつか候補をあげて、ページの下から実際の機種も見てみてください。どんなカスタマイズが出来るかなども公式ページで見ると良いです。

最終的に迷った場合は、どのゲームを行うか!そして、合わせてどんな作業をするか!によってマウスコンピューターのお問い合わせに電話して「もっと安くしたい」等の相談をすれば、丁寧に候補を選んでくれます。もちろん、その場で買わなくても良いです。と言うか、電話での注文は受け付けていないので、相談に乗ってもらうだけ乗ってもらって、後でじっくり検討して注文すれば良いのです。是非、このページのMAPを見ながら問い合わせてみてください。
マウスコンピューターTEL:03-6636-4321 受付時間:9:00-20:00 年末年始を除き無休

マウスコンピューターのWEBでの購入方法はこちら➡見積もり/カスタマイズ(BTO)注文方法

BTOについて、注意する点はこのページの一番下こちらをご覧ください。➡BTOの注意点

このページでは、ゲーミングPCを買いたいけれど、メーカーなどのページに出ている推奨PCになると急に高い機種ばかりとなってしまって購入を躊躇してしまっている方に、自分で最適な性能と価格の機種を選ぶお手伝いとなると思います。

キーボード・モニター他がセットになっているSETはこちら➡【2024】ゲーミングPC SET 性能MAP 一目で安い機種が分かる。mouseコンピューター

(参考)こちらから購入できる公式TOPページに行けます

ノートBook型PCはこちらのページをご覧ください。➡【2024年】マウスorアップル?ノートPC比較MAP

デスクトップ ゲーミングPC スペック&価格MAP

MAPは、mouseコンピューターのゲーミングデスクトップPCの品番と価格を、単純にCPUとGPUで配置しています。(参考に、クリエイティブ作業用のDAIVとMAC製品も載せています。)

【MAPの見方】
縦軸GPU(グラフィックボード)上に行くほど高性能
横軸CPU(プロセッサー)右に行くほど高性能
青字で重量級ゲームと人気ゲームの推奨スペックの位置を表示しています。そのゲームを行うにはその位置より⇧上か➡右の性能にある機種が必要です。なお、これはゲーム公式推奨のため基準が少し緩く、同時に別の作業をするなど、もっと性能が必要な場合もあります。
紫字では、mouseコンピューターによるゲームそれぞれの推奨モデルを表示しています。これは少し余裕をとりすぎの高性能機種の場合が多いです。
背景色は、ゲーム映像に必要な解像度・緻密さを表現できるかどうかの目安とAdobeソフトの推奨性能に分けています。(上から4K/WQHDウルトラワイド/フルHD重量級・高画質、レイトレーシングON /フルHD/Adobeイラストレーター推奨/Adobeフォトショップ推奨)

詳細は、➡こちらをご覧ください。

各性能別PC詳細

スプレッドシートでは、品番の部分をタップすると、機種をまとめたページに飛びます。➡スプレッドシート

詳細はこちら➡スプレッドシート

①最高性能 ヘビーゲーマー向け

※下地がピンク色部分(グラボ:GeForce RTX 4070 Ti SUPERの機種)はこちらのページをご欄ください。➡日向坂46丹生明里さん自作PCは⁉オススメGeForce RTX 4070 Ti SUPER近い性能を安く!

4K・ウルトラ設定にも対応!上の方がより高性能です。Geekbench Processor Benchmark Multi-Core:17500以上。Geekbench OpenCL Benchmark:210000以上。

●G-Tune FZ-I9G90:659,800円~➡詳細ページ公式ページ

●G-Tune FZ-A9G90:599,800円~➡詳細ページ公式ページ

●G-Tune FZ-I7G8S:549,800円~➡詳細ページ公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-I9G90:649,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-A9G90:579,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-I7G8S:534,800円~➡公式ページ

②RTX 4070 グラボ搭載の高性能 ミドル~コアゲーマー向け

スプレッドシートでは、品番の部分をタップすると、機種をまとめたページに飛びます。➡スプレッドシート

詳細はこちら➡スプレッドシート

WQHD・ウルトラワイド画面でもOK、上の方が、CPUが高性能です。Geekbench OpenCL Benchmark:160000以上。

●G-Tune FZ-I7G7A:389,800円~➡詳細ページ公式ページ

●G-Tune FZ-I7G7T:429,800円~ARMORED CORE VI推奨公式ページ

●G-Tune FZ-I7G70(JeSU公認PC):389,800円~➡公式ページ

●G-Tune FZ-I7G70:359,800円~Wo Long推奨公式ページ

●G-Tune DG-A7G70:324,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G7A:319,800円~➡詳細ページ公式ページ

●G-Tune DG-I7G7S(ホ):310,700円~➡詳細ページ公式ページ

●G-Tune DG-I7G7S:289,800円~➡詳細ページ公式ページ

●G-Tune FZ-A7G7T:289,800円~➡詳細ページ公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G7S:269,800円~➡詳細ページ公式ページ

●G-Tune DG-I7G70(ホ):266,800円~F.F.XIV推奨、Fate/Samurai Remnant推奨公式ページ

●G-Tune DG-I7G70:259,800円~F.F.XIV推奨、LJL(League of Legends Japan League)公認PC公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G7S:244,800円~➡詳細ページ公式ページ

●G-Tune DG-A5G70:204,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A5G70:204,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G70:254,800円~ARMORED CORE VI推奨公式ページ

●G-Tune DG-A7G70:294,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G70:229,900円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A7G70:279,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G70:194,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G70(ホ):202,500円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-I7G7A:434,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-I7G70:299,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-A7G70:319,800円~➡公式ページ

③ミドルゲーマー向け

スプレッドシートでは、品番の部分をタップすると、機種をまとめたページに飛びます。➡スプレッドシート

詳細はこちら➡スプレッドシート

フルHD重量級・高画質、レイトレーシングON に対応の上、CPUも高性能で余裕を持った機種。Geekbench OpenCL Benchmark:125000以上。Geekbench Processor Benchmark Multi-Core:15000以上。

●G-Tune DG-I7A8X:259,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I7A8X(ホ):267,500円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I7A7X:249,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A7A8X:294,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7A8X:254,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I7G6A(JeSU公認PC):309,800円~➡公式ページ

●G-Tune PG-I7G6T:179,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I7G70:179,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A7A7X:279,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A7G6T:269,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A5A7X:229,900円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A5G6T:199,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A5G6T:169,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A5A7X:184,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G6T:219,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7A7X:244,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-I7G6T:279,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-I7A7X:299,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-I7G6A:319,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-I7A8X:319,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-A7A8X:319,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-A7A7X:299,800円~➡公式ページ

④ライト・カジュアルゲーマー向け

スプレッドシートでは、品番の部分をタップすると、機種をまとめたページに飛びます。➡スプレッドシート

詳細はこちら➡スプレッドシート

フルHD重量級・高画質、レイトレーシングON に対応。Geekbench OpenCL Benchmark:125000以上。

●G-Tune DG-A7A8X:274,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A5A8X:244,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7A8X:229,900円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A7A7X:259,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A7G6T:244,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A5A7X:229,900円~➡公式ページ

●G-Tune PG-I5G6T:214,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I5G6T:214,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I5G6T(ホ):222,500円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G6T:189,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G6T(ホ):197,500円~黒い砂漠推奨公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7A7X:219,800円~➡公式ページ

●G-Tune FZ-A5G6T:239,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A7A8X:254,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7A8X:204,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A7A7X:229,900円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A7G6T:214,800円~➡公式ページ

●G-Tune PG-I5G6T:214,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I5G6T:219,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I5G6T(ホ):226,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G70:169,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G70(ホ):177,500円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G6T:169,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G6T(ホ):177,500円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7A7X:194,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-A5G6T:269,800円~➡公式ページ

⑤初心者・ライトゲーマー向け

スプレッドシートでは、品番の部分をタップすると、機種をまとめたページに飛びます。➡スプレッドシート

詳細はこちら➡スプレッドシート

フルHD重量級・高画質、レイトレーシングON には対応しているが、機種によっては追いつかない場合も!また、CPUがより上の機種の方が高性能。Geekbench OpenCL Benchmark:100000以上。

●G-Tune PG-I7G60:234,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I7G60:219,800円~Wo Long推奨公式ページ

●G-Tune DG-A7G60:254,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A5G60:199,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I7G6T:179,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A7G60:229,900円~➡公式ページ

●G-Tune PG-I5G60:199,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I5G60(ホ):207,500円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G60:179,800円~➡公式ページ

●G-Tune PG-I7G6T:169,800円~➡公式ページ

●G-Tune FZ-A5G60:229,900円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I5G6T:154,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A7G60:199,800円~➡公式ページ

●G-Tune PG-I5G60:199,800円~ライザのアトリエ3推奨公式ページ

●G-Tune DG-I5G60(ホ):206,800円~ダイの大冒険推奨公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G60:149,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G6T(ホ):177,500円~MinecraftバンドルPC公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7G6T:169,800円~MinecraftバンドルPC、ARMORED CORE VI推奨、Fate/Samurai Remnant推奨、PSO2推奨公式ページ

●G-Tune DG-A5G6T:184,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A5A7X:159,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A5G6T:128,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A5G6T(ホ):136,500円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A5G60:169,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A5G60(ホ):137,500円~MinecraftバンドルPC公式ページ

●NEXTGEAR JG-A5G60:129,800円~MinecraftバンドルPC、ARMORED CORE VI推奨公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-I7G60:279,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-I7G60:259,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-A5G60:249,800円~➡公式ページ

⑥初心者向けだが、フルHDでカクツク可能性があります。

スプレッドシートでは、品番の部分をタップすると、機種をまとめたページに飛びます。➡スプレッドシート

詳細はこちら➡スプレッドシート

フルHD推奨には入るがギリギリのラインか!?上の方の機種ほどCPUは良い。Geekbench OpenCL Benchmark:55000以上。

●G-Tune DG-I7A60:219,800円~➡公式ページ

●G-Tune PG-I5G60:199,800円~信長の野望・新生推奨、League of Legends推奨公式ページ

●NEXTGEAR JG-A5A60:124,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A5A60:159,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A7A60:189,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I5A60:189,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-I5A60(ホ):197,500円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A7A60:149,800円~➡公式ページ

⑦初心者子供たち向け!ペンギン村企画以上!

スプレッドシートでは、品番の部分をタップすると、機種をまとめたページに飛びます。➡スプレッドシート

詳細はこちら➡スプレッドシート

ひろゆき氏の考える、子供たちがゲームを切り口にパソコンに触りだすのに丁度良い性能のペンギン村PC配布企画以上!です。詳しくは、こちらをご覧ください。➡ペンギン村PC配布企画。Geekbench OpenCL Benchmark:30000以上。

●G-Tune DG-A5A60:159,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A5A60:124,800円~➡公式ページ

●NEXTGEAR JG-A5G1D:99,800円~➡公式ページ

以下は、フルHD推奨にGPUが満たない機種です。

●G-Tune PG-I5G1B:109,800円~➡公式ページ

●G-Tune DG-A5G1B:129,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-I7I38:244,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-I5G1B:199,800円~➡公式ページ

(参考:クリエイター向け)DAIV FX-A5G1B:184,800円~➡公式ページ

BTOパソコンの注意点

BTOパソコンなら、自在に組み上げられて、もし問題があったら、後から何でも取り換え自由だから!良いだろうと思う方もいらっしゃるでしょう!

しかしBTOパソコンで後から出来るのは、せいぜいメモリ増設、グラフィックボード追加、SSD換装などで、CPUを取り換えるのは以下の様に至難の業なのです。

  1. メモリも含めてマザーボードの規格が対応しているかどうかによって交換できるか出来ないかとなる。CPUの規格が違うと、CPUを交換するときにマザーボードに搭載ができないのです。
  2. マザーボードまで交換となると、Windows等のOSが起動する前にパソコン本体に搭載されているハードウェア(キーボード・マウス・メモリ・CPU・ハードディスク等)の管理と制御を行うマザーボード上のROMに搭載されているプログラム:BIOS(バイオス:Basic Input Output System)のアップデートが必要になるが、メーカーの保証対象外になる可能性がある。※BIOSは、正しい手順で行ってもアップデートを失敗してしまうことがあり、失敗するとパソコンが起動しなくなってしまいます。➡BIOS(バイオス)のアップデートを解説
  3. マザーボードが対応している同世代の高性能CPUに変更しようとしても、交換時にマザーボード側の端子を傷つけてしまうと、パソコン全体がダメになってしまう可能性もあり、自己責任での作業になると当然ながら保証は受けられませんし。
  4. そして最後に、全てクリアしてCPUをうまく交換できても、熱の放出のために新しいCPUにグリスを塗らないとなりません、ここもまたうまく塗れるかどうか心配です。

このように、CPUとGPUの交換・変更・追加などはほぼしない方が良いとなります。マウスコンピューターに聞いても、交換などは考えないで機種を選んで購入してくださいとのことです。その分たくさんの組み合わせを最初から用意してあります、MAPをご覧ください。

CPUとGPUの交換については、マウスコンピューターのページにも以下の様に書かれており。依頼することは出来ますが、費用は高額になるようです。
搭載されている 「 CPU 」 を交換したい場合
「 グラフィックカード ( VGA )」 を交換 / 増設したい場合 ( デスクトップPC のみ該当 )

3~4年も経てば、パソコンもゲームもどんどん進化するでしょう。3~4年前から今日までの進化もものすごくて、2021年のひろゆきさんの「ペンギン村PC配布企画」のPCが13万円程度でしたが、今は同程度で10万円を切っています。逆に言うと今は13万円ならもっともっと性能の良いPCが買えます。3世代も進化しているのです。

3~4年後CPUを交換したい!と思ったその時は、またCPUもGPUも3世代も新しくなるでしょう。さらに今後はAIによって加速的に進化があるでしょう。3~4年後は、きっと全てが新しくなっているでしょう。全てを新しく買い替える方が安くて快適でしょう。

だからこそ今買うゲーミングPCは、なるべく安く抑えたいし、どのあたりの性能にするかをよくよく考えたいですよね!でも逆に、メーカーはかなり性能の良い機種をオススメするしかないのです。性能の良い機種ならきっと3年以上快適に使ってもらえるからです!

まとめ

デスクTOP版ゲーミングPCの最適スペックと価格のMAPと、BTOマウスコンピューターの選び方、そしてそれぞれの機種の公式ページへのリンクでした。

キーボード・モニター他がセットになっているSETはこちら➡【2024】ゲーミングPC SET 性能MAP 一目で安い機種が分かる。mouseコンピューター

(参考)こちらから購入できる公式TOPページに行けます。

※下地がピンク色部分(グラボ:GeForce RTX 4070 Ti SUPERの機種)はこちらのページをご欄ください。➡日向坂46丹生明里さん自作PCは⁉オススメGeForce RTX 4070 Ti SUPER近い性能を安く!

ノートBook型PCはこちらのページをご覧ください。➡【2024年】マウスorアップル?ノートPC比較MAP

マウスコンピューターの買い方はこちら➡マウスのBTO購入方法 ゲーミングPCデスクTOPの場合


コメント

タイトルとURLをコピーしました