17.3型マウスノートDAIV 7Nパワーアップ映像作家・YOUTUBERに!まるでスーパーカーPC

DAIV 7N3

フラッグシップとして圧倒的なスペックと、まるでスーパーカーランボルギーニのようなとても所有欲を刺激するプロダクトデザイン!4K動画編集から特殊効果処理まで快適に対応する17.3型クリエイター向けハイエンドノートPC「DAIV 7N」が、よりパワーアップしました。

昨年モデル通常CPUをはるかにしのぐCore i9-11900K:3.5 GHz (8 cores)を採用。GeekbenchプロセッサーMulti-Coreで10,000越えは、デスクトップ用CPUでも相当上のクラス、Premiere ProAfterもサクサク動く、MACの高スペックノートPCの数倍の速さ、effect系の素材をPremiere Proのタイムラインに乗せたときの処理もとても速いとのこと

処理速度に優れた8コア16スレッドのデスクトップ向け第11世代CPUとGeForce RTX 3080 Laptop GPUを搭載し、4K-UHD解像度に対応した17.3型のAdobe RGB比100%の液晶パネルを採用!

そして、なによりも、インターファイス、外部ポートの多さが、簡単に外部モニターなどの機器類と連携できとても便利です。

制作現場に、ノートパソコンで心ゆくまでクリエイティブを行いたい方に♪(^^)/

ジャンプ出来ますOPEN⇒

DAIV 7N

17.3型 クリエーターPC 最高機種 DAIV 7N:494,780円~ DAIV 7N-B(オフィスソフト搭載):522,280円~

公式サイトのページ➡DAIV 7N

DAIV 7N1

バックビューのLEDラインがカッコイイ!

DAIV 7N2

これ17インチです!399×320×43.9㎜(折り畳み時/突起部含まず)大きさ比較はこちらのページをご覧ください。

DAIV 7N4

約 4.65kgだけど、持ち歩けるデスクトップパソコン。

daiv_7n_gallery_004
キーボード
キーボード2
タッチパネル

表面の質感は、ヘアーラインが美しい。

DAIV 7N5
背面
側面
インターフェイス
UHS-Ⅲ規格対応 マルチカードリーダー

Thunderbolt™ 4端子を搭載

最大40Gbps※1の高速データ転送に対応するThunderbolt™ 4端子を搭載しており、CFexpressカードリーダー、SSD や RAID ハードディスクドライブなどの外部ストレージ、10GbE 対応の外付けネットワークアダプタ、 高解像度ディスプレイなど、Thunderbolt™ 4に対応する各種の周辺機器を利用することができます。

UHS-Ⅲ規格対応 マルチカードリーダー

最大転送速度624MB/s※1※2に達するUHS-Ⅲ規格に対応するマルチカードリーダーを内蔵しているため、メモリーカード内に保存した大容量ファイルの転送も高速で、4K-UHD解像度などで撮影された高解像度の動画データをメモリーカードから直接読み出し、再生することも可能です。

※1 製品仕様・規格上の理論値。
※2 使用するメモリーカードの性能に依存するため、必ずしも記載の動作にならない場合があります。

AC

性能

マウスコンピューターのノートPCの中でも飛び抜けた性能です。右上です。

MAP0813

※CPUとグラフィックスの能力値から他の製品との比較の最新MAPは、こちらのページをご覧ください。⇒MAP

CPU:第11世代 インテル®Core i9-11900K:3.5 GHz新世代 8コア16スレッドのデスクトップ向けプロセッサー標準搭載

NVIDIA® GeForce RTX™ 3080 Laptop GPU搭載。高解像度の動画編集や画像編集を高速処理、VR対応! 高性能グラフィックス。ビデオメモリが倍の16GBへ向上していることで、映像の描画に多くのメモリを消費する高解像度のコンテンツ制作において安定した処理と低遅延を実現します。

NVIDIA® GeForce RTX™ 3080 Laptop GPU
ナローベゼル
高解像度4画面マルチディスプレイに対応
無線有線LAN

インターネット環境を快適にする最新規格に対応

有線LANは、2.5GBASE-Tに対応する「Killer™ Ethernet E3100」を採用し、対応機器を用意することで、一般的に普及している1Gbpsを超える通信速度のLAN環境を構築することができます。
無線LANは、最大2.4Gbps※1の高速通信が可能な Wi-Fi 6に対応する「Killer™ Wi-Fi 6 AX1650i」を採用しており、ユーティリティソフト(Killer™ Control Center)を使用して、有線LANと無線LANのネットワーク接続状態をモニタリングし、特定のアプリケーションに帯域の優先度を設定するなど、使用状況に合わせて詳細な設定を行うことができます。

※1 連続160MHz帯域に対応したWi-Fi 6機器が必要です。実際の通信速度は、接続する機器・環境によって変動します。

まとめ

公式サイトのページ➡DAIV 7N

なによりも、インターファイス、外部ポートの多さが、簡単に外部モニターなどの機器類と連携できます。

ノートパソコンで心ゆくまでクリエイティブを行いたい方に♪(^^)/

このページは、マウスコンピューターのフラッグシップノートPC17.3型「DAIV 7N」どんなことでも出来るスペックの高い機種でした。公式サイトのページはこちら➡DAIV 7N

カスタマイズ・見積り・購入方法の詳細は、➡こちらのページをご覧ください。

カスタマイズ方法のページからも行けますが、その時によりSALEでさらに安くなっている場合がありますので、価格は公式サイトを必ずご覧ください。

こちらから公式サイトへ行けます。⇩

高スペック機種から
・CCイラストレーター&CCフォトショップ同時立ち上げ&4K動画編集に(Core i7、メモリ32GB以上)最高機種
・CCイラレ&フォトショ推奨以上だが、4K動画や複数同時処理など負荷がかかる場合は少し時間が掛かるかもしれない(GTX 1660、メモリ16GB以上)最高機種に準ずる機種
・CCフォトショは推奨以上、写真・動画・音楽制作編集等の主な用途に力を発揮する(GTX 1650、メモリ16GB以上)機種
 ➡1ページ

・CCイラストレーター&CCフォトショップの推奨スペックは無いが、同時立ち上げ出来る最低で、動画編集もできるスペックがある機種。(GPU搭載、Core‐i5、メモリ16GB以上ですが、処理に時間とがかかったり、大きなファイルは立ち上げ出来なかったり、ファンがうるさく回り続けるなどがあるかもしれません。)
 ➡2ページ

・テレワークに加え画像処理&動画編集入門(GPU搭載、Core i5、メモリ8GB以上)
 ➡3ページ

※分け方、スペックについて、詳しくは、➡こちらのページをご覧ください。CC以外のソフトについてもあります。

マウスコンピューターをお勧めする理由は、➡こちらのページをご覧ください。