マウスノートPC実用性の価格202101-1テレワーク+αに余裕の機種で長く使える!

5P
DAIV 5P

このページでは、テレワーク+αに、このレベルの余裕の機種でなら長く使えるでしょう!と思えるマウスコンピューターのおすすめノートPC3種をご紹介しています。

動画・画像編集程度までを行うのに使えるレベル=本当の実用性を得るまでカスタマイズしての価格での比較です。

比較機種スペックMAP-1

以下、画像クリックで拡大します。

MAP429

⇩からP1~3の各ページに行けます。

 P1 

 P2 

 P3 

CPUとグラフィックスの能力値から他の製品との比較の最新MAPは、こちらのページをご覧ください。⇒MAP

スペックについて、詳しくは、➡こちらのページをご覧ください。

比較表-1

⇔スワイプしてご覧ください。オレンジ部分はカスタマイズで追加です。使い方によっては、付けなくて大丈夫です。HDD1TBや、M.2 SSD512GB、保証など

モデル名15.6型 m-Book K700SN-M2SH215.6型ゲーミングノート G-Tune P515.6型クリエーターPC DAIV 5P
詳細
画像G-Tune P55p
特徴ハイエンドK シリーズ、動画・画像編集と何をしても非常に快適薄型・軽量10時間バッテリー駆動マグネシウム合金ボディ厚さ17.9㎜約1.53㎏18.5時間駆動
WEB販売価格

合計価格
120,780円~
⇩下オプション含む合計
158,290円
131,780円~
⇩下オプション含む合計
185,240円
153,780円~
⇩下オプション含む合計
194,370円
公式サイトm-Book K700シリーズK700SN-M2SH2G-Tune P5DAIV 5P
OS基本構成Windows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビットWindows 10 Home 64ビット
CPU第9世代Intel Core i7-9750H プロセッサー第10世代Intel Core i7-10750H プロセッサー第10世代Intel Core i7-10750H プロセッサー
CPU詳細6コア/ 2.60GHz/ TB時最大4.50GHz/ 12MB スマートキャッシュ/ HT対応6コア/ 12スレッド/ 2.60GHz/ TB時最大5.00GHz/ 12MBスマートキャッシュ6コア/ 12スレッド/ 2.60GHz/ TB時最大5.00GHz/ 12MBスマートキャッシュ
グラフィックスGeForce MX250 / インテル UHD グラフィックス 630GeForce® GTX 1650 / インテル® UHD グラフィックスGeForce® GTX 1650 / インテル® UHD グラフィックス
ビデオメモリ2GB/ メインメモリからシェア (最大 約8GB)4GB/ メインメモリからシェア (最大 約4GB)4GB/ メインメモリからシェア (最大 約8GB)
メモリ標準容量16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)8GB (8GB×1)※16GB+¥7,37016GB (16GB×1)
M.2 SSD256GB (NVMe対応)※512GB+¥6,710256GB (NVMe対応)※512GB+¥6,710512GB (NVMe対応)
SSD HDDHDD 1TB※HDD1TB+¥8,580~データバックアップに外付け使用をお勧め※2TB+¥9,790~
解像度1,920×1,0801,920×1,0801,920×1,080
WEBカメラ100万画素100万画素100万画素 (Windows Hello 顔認証カメラ搭載)
キーボード日本語キーボード (107キー/ ピッチ約18.2mm / ストローク約1.8mm)日本語バックライトキーボード(1ゾーン設定対応 RGB LED/ 104キー/ キーピッチ約19.0mm / キーストローク約1.8mm)日本語バックライトキーボード (ホワイトLED/ 88キー/ キーピッチ約18mm / キーストローク約1.4mm)
バッテリー駆動時間最大約 7.4時間約 10.0時間約 18.5時間
サイズ361×258×24.9359.5×238×22.8356×233×17.9
重量約 2.1kg約 2.02kg約 1.53kg
保証期間1年間無償保証+選べるサポート参照

[3年保証/ノートPC] ピックアップ修理保証:¥13,200+破損盗難保証 レベル3:¥14,300
合計+27,500円で150,000円まで保証
1年間無償保証+選べるサポート参照

[3年保証/ノートPC] ピックアップ修理保証:¥13,200+破損盗難保証 レベル3:¥14,300
合計+27,500円で150,000円まで保証
1年間無償保証+選べるサポート参照
[3年保証/ノートPC] ピックアップ修理保証:¥13,200+破損盗難保証 レベル3:¥14,300
合計+27,500円で150,000円まで保証
電話サポート24時間×365日24時間×365日24時間×365日
送料3,300円(税別)3,300円(税別)3,300円(税別)
販売サイト:公式・楽天m-Book K700シリーズK700SN-M2SH2:完売

楽天
G-Tune P5

楽天
DAIV 5P

楽天
※楽天は、品番が変わっています。カスタマイズ済み商品となっている物もありますので、スペック内容をご確認ください。

※価格変更・仕様変更してる場合もありますので公式サイトをご確認ください。

※メモリは、最低フォトショ2GB、イラレ8GB以上必要ですが、同時立ち上げなら16GB以上、大きなドキュメントサイズのファイル(大量レイヤー使用など)を快適に扱う場合は32GBにした方が良いかもしれません。

※SSD HDDは、動画など沢山のファイル・データを本体に保存しなければ、こんなに要らないです。M.2 SSDと合わせて512GBでも十分かもしれませんが、マウスコンピューターのM.2 SSDは、Cホルダーですので初期化などで消えてしまうリスクがあります。重要なファイルは、DホルダーのSSDかHDDを追加して保存した方が良いです。

スペックについて、詳しくは、➡こちらのページをご覧ください。

※カスタマイズ・見積り・購入方法の詳細は、➡こちらのページをご覧ください。

マウスコンピューター

安くて!安心!日本製に、24時間電話サポートなどなど、たくさんの利点があります。

一部抜粋

3.会社と同じWindows!だからそのまま仕事の資料も開けます。
不明点は周りの人に聞いたり、手伝ってもらうことだって出来ちゃいますね(^_-)-☆

会社と同じWindows

4.24時間×365日永久サポート!
日本人が真夜中でもどんなことでも、マウスのPCを使っている限り永久に無料で相談に乗ってくれます。

永久サポート

5.MADE IN JAPAN:長野県飯山市で熟練した日本人が組み立て。
海外製とは違い作り手や運搬での故障リスクが無く安心!

日本人が組み立て

マウスコンピューターをオススメする理由の詳しくは、➡こちらのページをご覧ください。

機種詳細

ここに出ていない機種は、まとめに説明があります。1ページ・2ページ・3ページをご覧ください。

①m-Book Kシリーズ K700SN-M2SH2

15.6型 ハイエンドKシリーズ (第9世代CPU) ➡m-Book K700シリーズ:完売

m-Book K700

【テレワーク(PCに高負荷のかかる作業の多い方)に最適】軽いゲームから写真&動画編集までこなせる機種です。初めての画像・動画編集におススメ。10万円以下から第9世代CPUとGeForce® MX 250グラフィックス搭載。複数人で画面を覗き込むような場面でも美しい発色の美ディスプレイ「IPSパネル」搭載のコスパにすぐれたノートPC。

m-Book K700正面
m-Book K700側面

口コミ・レビュー

手の届く価格で品質も良かった。デザインとイラスト制作(Photoshop,illustrator,XDなど)やWebサイト制作目的に使っていますが、起動も早く作業もしやすくなりました。クリエイターPCと迷いましたが、スペックが十分だったのでこちらのノートPCを購入。32GBメモリは初めてでしたがサクサク動きますね。同時にモニタとノートPC用クーラーを購入しましたが、特に問題はなく満足しています。
 
買ってよかったです。動画制作を始めたので、メモリ32GBはどうしても必要で、このパソコンを購入しました。レビューやYouTubeなどでは「ファンの音がうるさい」「指紋が付きやすい」などありましたが、使ってみて、音も指紋もさほど気にならないほどでした。余計なものが入っていないので立ち上がりも早いし、もちろん32GBは最強です。カタチもシンプルで申し分ないです。気になることといえばサウンドがくもって聞こえるくらいでしょうか。でもヘッドホンがあれば大丈夫。ほぼ大満足の買い物でした。さすが made in Japan!これからも良い製品をつくり続けてください。
 
コスパ最強!!快適に動いています(^^)どうしてもグラボが入っているノートパソコンが欲しくていろいろ検討しました。用途はweb、動画閲覧、ゲーム等。メーカー物で同じスペックだと20万超えてしまうのでmouseさんのこちらのノートはコスパ良く私には丁度良いです!欲を言えば色やデザインに選択の幅が欲しかったので星4ですが、機能面は満足しています!
 
非常に満足。ノートパソコンは何台も買い替えてきましたが、グラフィック機能がオンチップだったせいか満足できるものはありませんでした。今回は今までよりは一回り大きかったのですがビデオカードが入っているものを選びました。そのせいか、レスポンスが良くて非常に満足しています。

 

いいです。家電量販店で買うよりずっといいし、同じスペックでリンゴのやつだと20万超えます。Windowhsは慣れないけど時間の問題です。買って良かったです。ありがとうございました。

 

操作性はgoodです。私なりに欲しいグレード、価格を考えて選びました。行政書士という仕事の関係で、パソコンのストレスは出来るだけ減らしたいと考えてdellとmouseを比較してこちらを選びました。一つ不満な点は価格を抑えるためか本体がプラスチックなのですが、指紋が付きやいすい点です。次回は改善したら良いと思います。

公式サイトより抜粋

※カスタマイズ・見積り・購入方法の詳細は、➡こちらのページをご覧ください。

②G-Tune P5

15.6型ゲーミングノート(ライトゲーマー向け) 131,780円~オプション含む合計185,240円 ➡G-Tune P5

G-Tune P5

リチウムポリマーバッテリー採用で薄型・軽量化を実現、MS-HYBRID機能により約10時間のバッテリー駆動を実現したスタンダードノート。ゲームPCが初めての方も安心の長時間バッテリー駆動。高性能 GeForce® GTX グラフィックスと、第10世代 インテル Core プロセッサーを標準搭載し、バランスの取れた性能を発揮。最新ゲームも安心して楽しめるゲーミングノートPC。美麗ディスプレイ

G-Tune P5正面
G-Tune P5側面
G-Tune P5前後

口コミ・レビュー

G-tuneシリーズ初使用以前使っていたショップブランドのPCから乗り換えで買ったんですが、スペックが段違い。ゲームのロードがサクサク、描画、音質、共に良好。キータッチも良く、タイプする度にキーボードが青く光るのでカッコいい。光学ドライブやBDドライブは内臓していないので別に用意する必要がありますが、MMOやFPS等をやるにはオススメの一品。比較的低価格なのでコスパも良し。個人的には大満足です。

 

本体下面から薄い両側面に噴き出す空冷エアーの設計がすばらしく通常のデスクワーク程度では無音。フルスペックで回してようやく音が聞こえる程度。

公式サイトより抜粋

※カスタマイズ・見積り・購入方法の詳細は、➡こちらのページをご覧ください。

③DAIV 5P

15.6型クリエーターPC 153,780円~オプション含む合計194,370 ➡DAIV 5P

DAIV 5P

マグネシウム合金ボディとリチウムポリマーバッテリーで軽量小型化厚さ17.9mm約1.53㎏、スマートで軽快動作。バッテリー容量を約2倍に拡大することで、DAIVブランド最長の約18.5時間のバッテリー駆動を実現、でもどこでも作業に没頭できる。

DAIV 5P 2
DAIV 5P正面
DAIV 5P側面

口コミ・レビュー

テレワークに切り替わるにあたり必要になり購入。Adobeのソフトも問題なく使えて満足。仕事にも趣味にも活用できます。デザインはシンプルながら充分な拡張性を備え、長らくしていなかった動画編集ができ、かつ仕事のソフトを複数立ち上げながら文書作成ができる、という条件で探したのがこのマシンでした。

 

音楽制作目的で購入。流石クリエイターPC!処理速度に大満足!感動です。今まで使っていたPCはALTキーの横に無変換キーがありましたがこのPCは変換キーと無変換キーが一緒で未だに慣れずうっかりALTキーを押しがち。

 

写真を趣味にしています。メタル感のある筐体は高級感があります。光るキーボードはカッコいいだけでなくキーが見やすいです。画像編集用に迅速に処理出来るパソコンを探しており、購入しました。かなり使いやすく、効率が上がりました。

 

仕事で動画作成をすべく購入。大抵のカバンにならこのサイズは入るでしょう。そして、軽いです。最大36回払いまでできますし維持費は安いです、良い買い物でした。

公式サイトより抜粋

※カスタマイズ・見積り・購入方法の詳細は、➡こちらのページをご覧ください。

まとめ

以下、画像クリックで拡大します。ピンクと水色の枠が付いているアイテムがこのページで比較した機種です。

MAP429

⇩からP1~3の各ページに行けます。

 P1 

 P2 

 P3 

別ページでは、以下の分類で機種をご紹介しています。このページでご紹介したアイテムは、1ページ3つ目と、2ページにも載っています。

Youtubeなどの動画編集に加え、画像編集はADOBEのCC(クリエィティブクラウド)イラストレーター・フォトショップ推奨のスペックの高い機種から3ページにまとめていますので、お気に入りを見つけてください。

高スペック機種から
・CCイラストレーター&CCフォトショップ同時立ち上げ&4K動画編集に(Core i7、メモリ32GB以上)最高機種
・CCイラレ&フォトショ推奨以上だが、4K動画や複数同時処理など負荷がかかる場合は少し時間が掛かるかもしれない(GTX 1660、メモリ16GB以上)最高機種に準ずる機種
・CCフォトショは推奨以上、写真・動画・音楽制作編集等の主な用途に力を発揮する(GTX 1650、メモリ16GB以上)機種
 ➡1ページ

・CCイラストレーター&CCフォトショップの推奨スペックは無いが、同時立ち上げ出来る最低で、動画編集もできるスペックがある機種。(GPU搭載、Core‐i5、メモリ16GB以上ですが、処理に時間とがかかったり、大きなファイルは立ち上げ出来なかったり、ファンがうるさく回り続けるなどがあるかもしれません。)
 ➡2ページ

・テレワークに加え画像処理&動画編集入門(GPU搭載、Core i5、メモリ8GB以上)
 ➡3ページ

※分け方、スペックについて、詳しくは、➡こちらのページをご覧ください。CC以外のソフトについてもあります。

スペックでまとめて並べてみたら、要らないものをそぎ落とし、どの機種もコスパを最大限にしているのが見えました。新しい技術を取り入れることでさらにコスパの優れた新商品が次々と出てきています。

カスタマイズ・見積もり購入方法については、➡こちらのページに書いてありますのでご覧ください。

その時によってSALEでさらに安くなっている場合がありますので、公式サイトをご覧ください。

マウスコンピューターをオススメする理由は、➡こちらのページをご覧ください。

こちらから公式サイトへ行けます。⇩