スタディサプリの進路適正診断で天職の疑似体験!中高大学生でも社会人でも面白い!進学・就・転職時の参考に!

スタディサプリTOP

将来の進路を考えるとき、転職・退職を考えるとき、本当に今考えている進路で大丈夫だろうかと不安になる時がありますよね!そんなときにこれを使ってみてください。

本当にデザイナーで良いですか?不安はないですか?

スタディサプリの進路適正診断は、思いもよらなかったけど考えたらこんな仕事が好きだとか、今まで知らなかった自分を発見するかもしれません。

1990年に比べて学士の学位名称が24倍(29種⇒700種以上)になっています。つまり、あらゆる職種について大学で教わることが出来るようになりました。ということは、大学を出ると途端にプロになれるというわけですが、ここにその700種の職種のなり方、なれる学校や方法、職に就いた時の苦労などの分かる記事がたくさん載っています。

どんなページなのか?どのように見るのか?例を載せて解説していますのでご覧ください。

こちらをタップ・クリックでページに行きます。

スタディサプリ進路

画面左上の自己分析をタップ・クリックすると、下のページへ行きます。

自己分析ページ

自己診断説明

未来へつながる進路選択の一歩目は、自分がどんなことに向いているのか?何なら興味をもってやれるのか?を知ること。とはいえ、そんなことをスラスラ言える人なんて、そうそういないよね。そこで、まずは簡単な質問に答えていくだけで、向いている仕事や学問の候補を診断できる「適職診断」「適学診断」をやってみよう!

すでに興味のある分野がある人も、意外な仕事や学問が見つかるかもしれないし、まったくない人は、診断結果をきっかけに、いろいろ調べてみてね。

スタディサプリ進路

STEP1.チェックシートで、興味のある仕事や好きな教科にチェックするだけ!

step1_img
⇩

STEP2.自分に向いてそうな仕事や学問の分野を、ランキング形式で発表!

step2_img
⇩

STEP3.診断結果から、その仕事や学問について、もっと詳しくしらべられるよ!

tit_bunseki
⇩

このように進みます。ということで⇩適職診断を受けるをタップ・クリック。

適職入り口
⇩

質問

やりたくない・やってもいい・やってみたいから選びチェックを入れて行きます。全63問

適職診断
⇩

自己診断

出てきた適職をご覧ください。

1990年に比べて学士の学位名称が24倍(29種が700種以上)になっています。つまり、あらゆる職種について大学で教わることが出来るようになってきました。ということは、大学を出ると途端にプロになれるというわけです。

たとえば、私の診断結果:の分野だと以下のようなものがあります。

診断結果

1位.音楽・イベント関係の分野

人々の心を潤わせ、豊かにする音楽の分野は、創造性と表現力を存分に発揮できる分野といえよう。音楽といっても、ミュージシャンや作曲家だけではなく、音源を効果的に調整し聴衆や視聴者に提供していく“ミキサー”や、CDや音楽ビデオなどの制作に携わる、“音楽プロデューサー”など音楽に関する仕事はさまざまだ。

スタディサプリ進路

私はデザイン関連の仕事をしてきました。音楽センスはあまりないのですが、確かにイベントごとが好きでイベントごとになると計画・遂行・まとめてきました。やりがいと達成感がありました。今更ですがイベントの方が向いていたのかもしれませんね!

1位の音楽・イベント関係の分野の右端にある GO! > をタップ・クリック!すると、こんなにたくさんの仕事が出てきました。

⇩
音楽イベント分野1
音楽イベント分野2

イベントプランナーが目に留まりましたので見てみます。

⇩

この様にとても充実した情報があるページに行きました。

イベントプランナーTOP

イベントプランナー

説明部分、以下が全文です。

人の心を動かすイベントを企画し、成功へ導く

イベントプランナーの役割は、新製品発表会や展示会、店舗のオープニングレセプション、音楽イベント、ファッションイベント、スポーツイベント、観光地のPRイベント、オリンピックや万博、国際会議など、さまざまなジャンルのイベントを企画することです。企画したイベントを実行に移すためには、主催者となるクライアントに“実行するに値する、魅力あるイベント”だと認めてもらわなくてはなりません。イベントを生み出すクリエイティブ力のみならず、提案力・プレゼンテーション力・対人コミュニケーション力が重要になる仕事です。なるのに特別な資格や免許は必要ありませんが、イベント・プロモーション部門のある会社に所属し、活躍している人が多いです。採用試験では4年制大学卒の学歴を求められることが少なくありませんが、短大卒や専門学校卒まで間口を広げている会社もあります。最近ではイベントとSNSを連動させることでさらなる広告波及効果をねらう動きが高まっており、イベントプランナーにもそのアイデアが求められています。

スタディサプリ進路

この説明の下に、4つのメニューが並んでいます。

①イベントプランナーを目指せる学校、②イベントプランナーになるには、③イベントプランナーの仕事と収入、④イベントプランナーを目指せる資格

(イベントプランナーのページの下の方にある記事に飛べるようになっています。)

①イベントプランナーを目指せる学校

おすすめの学校

93件ある学校から5つの学校の例が出ていますが、美術・デザイン系からなれることがわかりますが、ここでは学校を探さないで下を順に(②~④~さらに下に続きます。)みた方が良いです。

②イベントプランナーになるには

イベントプランナーになるには2

この様にイベントプランナーのなり方に、学校の選び方とあります。そして、それぞれの続きを読むに必ず行ってください。全部違うページに行きます。

下にさらに続きます。

イベントプランナーに求められる人物は?適性を知る

イベントプランナーの必要な試験と資格は?

イベントプランナーを目指せる学校の学費(初年度納入金)

③イベントプランナーの仕事と収入

イベントプランナーの仕事内容

イベントプランナーの気になる?年収・給料・収入

イベントプランナーの就職先・活躍できる場所は?

イベントプランナーのズバリ!将来性は?

イベントプランナーの先輩・内定者に聞いてみよう

イベントプランナーを育てる先生に聞いてみよう

イベントプランナーを目指す学生に聞いてみよう

イベントプランナーのやりがいを聞いてみよう

イベントプランナーの志望動機を教えて!

それぞれの続きを読むをご覧ください。全部違うページに行きます。

④イベントプランナーを目指せる資格

検定試験

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう⇐ここに、良い職が隠れているかもしれませんよ!

まとめ

このように続きますので、端から端までご覧ください。私がもっと早くにこれを知っていたら、きっとイベントプランナーを真剣に目指していたと思います。ただし、30歳くらいまでかなぁと思いますが…

他の職種:本来あなたが考えていた職と、その周辺にあるあらゆる職種のページをしっかりご覧ください。

特に年収・給料・収入と将来性は?についてです。あなたの現在の年齢も含めて考えてください。周りは大卒の方ばかりです。

そして、キャリアは?年を重ねていくとどうなるのか?いつまででも出来る仕事なのか?似た職でもこっちにした方が良いのかもと言うのがきっと出てきます。

ただし、実際就職するときは、希望の職にならないかもしれません。しかし、いずれチャンスが巡ってきてどっちにするかと言うようなときに、このページを見ていた経験がきっと役に立ちます。

このページは、そういった疑似体験が出来るページなのです。

こちらをタップ・クリック

スタディサプリ進路

パンフ・願書とりよせキャンペーン

なお、高校生は下より「無料パンフ・願書取り寄せ7校以上」で500円分の図書カードがもらえます。⇩をタップ・クリック!または、公式ページで上の表示へ

適学診断

なお、適学診断は以下のような、教科の中での好き嫌いで、大学の学科を探すものです。

適学診断

学問を調べる

なお学問を調べるに行くと下のようになっています。全く最初から調べる状態:質問と診断は関係ないです。適学診断の質問を答えると変わるのかもしれません。

学問を探す